スター食堂 - おいしい笑顔は、スターのかがやき。

STAR 創業大正14年

  • 会社概要
  • お問い合わせ
お取り寄せ

採用情報

社員の紹介1日の流れをcheck

市場小路 イオンモール京都桂川店 キッチンスタッフ

とにかくがむしゃらにやりたいな。

学生時代は電子系の専門学校に通っていました。なんとか卒業しましたが、僕には難しくて(笑)。卒業してからはお菓子の工場で2年半ほど働いていました。退職後はオーストラリアにワーキングホリデー。資格を取って違う仕事もしていましたが、自分の中で納得できない日々が続いていました。そんな中、飲食業に就こうと考えたのは、自分で作った料理を「おいしい」と食べてもらえることが嬉しかったのがきっかけです。母と当時のスターの総料理長とに縁があり、紹介してもらえました。スターの最初の印象は、「いろいろやっている会社なんやな。ということは、いろいろなことが経験できるんちゃうかな」ということです。やったことのない仕事だったので、なんでも選り好みせずにやってみよう。とにかくがむしゃらにやろう!と決意しました。

最初は元気な挨拶しかできませんでした(笑)

最初は元気な挨拶しかできませんでした(笑)

覚悟を決めて飛び込んだ最初の現場は、市場小路の烏丸店でした。飲食店の仕事の流れなど、何も分からなかったので全てが新鮮でした。良い社会勉強だと思い、最初に実行したのは元気な挨拶です。仕事は分からないけど声を出すことはできる、そう考えたのです。仕事自体は思ったよりも大変でした。正直、朝から晩まで働きづめでしたが一度も辞めようとは思わなかったですね。年齢の近くて、正直にいろいろと話せる仲間がいたからかな、と今では思います。あたたかい人がスターには多いと思います。仕事自体は楽しくて、包丁など技術がついてくるのが嬉しかったです。今では人参も細く切れるようになりました。

挑戦したからこそ「料理が好きなんだ」と気付くことができた。

その後、異動を重ねましたがそれぞれの現場に楽しいところがありました。様々な業態や人に触れ、料理の知識や仕事への考え方などが変わってきました。特に、新しく出来た市場小路桂川店のメンバーに選ばれた時は嬉しい反面、大変な現場に来たなと感じました。今はチーフに仕事のほとんどを任せてもらっているので、充実した日々を過ごしています。チーフが休みの日に、チーフのポジションに入ったり、産直の魚をさばいたり楽しく仕事をさせてもらっています。おすすめメニューなどの原価計算などは未だに苦手ですけどね(笑)。自分の休みだった日に「芝高がいなくて大変だった」と言われると嬉しいですし、もちろんチーフを目指しています。ゆくゆくは自分の店が持てたら最高ですね。いろいろな職業を経験してきたことも含めて、なんでも恐れずに挑戦してきたからこそ「自分は料理が好きなんだ」ということに気づけたのだと思います。

※注:この記事を掲載後、現在はチーフとして活躍中です。

1日の流れ

7:30
いつも一番乗りでお店に入るのが好きで、7時半から勤務開始!前日の片づけや整理を終えれば、当日の食材が納品されます。その後に当日の仕込みです。10時には朝礼があり店内の士気が高まります。
11:00
さあ、いよいよランチスタート!この瞬間のキッチンはまさに戦場です。僕はいろいろなポジションが出来るようになったので、その日空いているポジションに入ります。そうやって他の社員やスタッフの休みをまわしていきます。
12:00
ランチもピークに突入です。たくさんのオーダーの合間を縫って自分たちの賄も用意しなければなりません!
14:00
ランチのピークも過ぎたので休憩をいただきます。今日の賄はタマネギ多めのこだわり牛丼。スタッフの皆にも喜んでもらえました。
15:00
ランチの後片付けが済むと今度はディナーの準備です。お通しを仕込むことが多いのですが、今日は予約が多いので、宴会コースの仕込みもたっぷり。
17:00
ディナースタートです。本日のご予約は20名様のコースが2組!一気にオーダーが入りますが、オープンキッチンなのでお客様への挨拶を忘れるわけにはいきません。ディナーは料理を提供する順番も大切です。前菜を出して、造りが出たら、焼き物…というように意識をします。
20:00
このあたりから片付けに切り替えていきます。オーダーを調理しながら皆で協力してキレイにしていきます。
22:30
21時45分のラストオーダーを終え、早ければ22時半にはお店を出ます。休みの前日には、お店の仲間と飲みに行くこともしばしば。こういう息抜きも明日の仕事への活力になる大好きな時間です!
1日の流れ
1日の流れ
1日の流れ

募集要項