スター食堂 - おいしい笑顔は、スターのかがやき。

STAR 創業大正14年

  • 会社概要
  • お問い合わせ
お取り寄せ

採用情報

社員の紹介1日の流れをcheck

スターきってのオールラウンダー!?

スターきってのオールラウンダー!?

母がスターに勤めていたことが、飲食の仕事に興味を持ったきっかけでした。「とりあえず京都で働きたい」と考えた僕は、スターに就職するまで別の飲食店でアルバイトをしていました。結構ハードだったのですが、そこで「飲食とはなんたるか」や、「自分で考える大切さ」などを教えてもらいましたね。
それからスターに入社し、7年間ほどキッチンスタッフとして働いた後、ホールスタッフに転向しました。現在ではホール、キッチン、さらに企画や事務仕事までこなすマルチな店長です!

まさに自由にやらせてくれる環境!

まさに”自由にやらせてくれる環境”!

じっくり長期間かけてひとつの企画を練ることが基本ですが、たまには「今日はこんなことしよう!」と思いつきを実行します。たとえば天気予報を見ると、気温が30度を超える。ならば「何か冷たいものをサービスでお出ししよう!」、とか。そんなときスターは、「おう、やれやれ!」ってやらせてくれるんです。そうするとスタッフの刺激にもなりますし、うまくいけばその日の売上にもつながります。それができる環境はありがたいし、何より楽しいですね。
そのようにスピーディーに意思疎通ができるくらい社長や部長との距離が近いのも、スターのいいところだと思います。

本物のコミュニケーションを目指す。

僕自身、お客様とコミュニケーションをとることが好きですし、自分でも得意な部分だと思っています。以前少し不手際があって気分を害してしまったおばちゃんと会話して、お帰りになるときには「にーちゃんまた来るわ!」って言ってもらえました。僕の接客を見たスタッフから、「店長、今のどうやってやるんですか?」とよく聞かれます。そうやって学ぼうとする姿勢は評価しつつ、あえて答えは教えません。「僕の所作を見て学んでくれ」と言います。一見突き放しているようですが、誰かから教えられるより、自ら見て学んで、自分の力で身につけた力のほうが強いのです。スタッフにはそういう本物のコミュニケーション力を身につけてほしいと思います。
今後の目標は、そうやって成長したスタッフたちと力を合わせて、スターの最優秀店になること。スタッフのみんなと「やってやったぞ!」と言いたいですね。

1日の流れ

10:30
街の様子をチェックしながら毎日徒歩で出勤!出勤直後に缶コーヒー(ジョー○ア)を飲むのが日課です!
11:00
メールチェック。本部から来月のキャンペーンについての連絡がきました。「提案通りに進めてくれ」とのこと!早速スタッフと準備を始めます。
11:30
ランチが始まります!時々店外に出て、人の流れなどを観察。人の流れを知ることは大切です。修学旅行生の多い時期は価格帯を下げたランチを企画するとか、そういうことは店の外を見ていないと思いつけないので。
13:30
スタッフも交代で休憩に入ります。僕は色々な店にランチに出て、こっそり敵状視察。知り合いのお店にも行くし、スターの系列店にも行きます。他のお店の料理やサービスを実際に体験したり、お店の方と情報交換することによって、次の企画の参考にします。
16:00
こまめに店前の掃除などを少々。お料理のサンプルも手直しします。自ら掃除などをすることによって、店の顔である「店前」をいつもキレイな状態に整えます。
17:00
ディナーがスタート!ホールで接客したり、事務作業したり、他店の商況を観察したり。とにかく色々な箇所に出向くので、よくスタッフに探されます。(笑)
23:00
閉店。スタッフでお疲れ様の乾杯!その日の頑張りを労いあいます。
23:30
行きつけの店に寄って談笑してから帰りまーす!
1日の流れ
1日の流れ
1日の流れ
募集要項